2017-08-11

CHOPPER という乗り物 =HOKKAIDO=

15歳だったろうか・・
初めてバイクという乗り物にまたがり
転がした瞬間に感じた衝撃を今でも覚えている
自分で操りどこまでもいける気がした
「自由」を手にいれた瞬間だった
それ以来、旅とバイクは僕のライフの中にずっとあるのだ


年に2度くらいはロングトリップに出かける
数年くらい前から仕事の関係でCYCLE ZONBIESと付き合う中で
目覚めたチョッパー文化
まさに剥いでいくというカスタム そのルーツや文化は長くなるので割愛・・

でも年代別に手法があり、彼らのお気に入りは50sカスタムだ
少しローなフォルムにソロシート+ビニオン そして当時物のパーツで構成される
そんな彼らのボス ビッグスコットが制作したCalifornia Goldは67年のアーリーショベルという
2年しか作られなかったモーターが乗る
このマシンで地平線まで走りたい・・と思っていたところ


旭川の取引先でもあるPINS 金子さんと冬に会った時に
一度北海道一緒に走りたいね・・の一言から始まった
たまたま僕の友人である大二郎くんの高校の同級生でもあり
一緒に・・って流れにもう一人合流


せっかく北海道に行くので札幌に立ち寄りスタッフと会食



天気をみながらその日行くところを決めるというなんともヒップな旅だ



道東は天候も悪く寒いと・・では北を目指そうと稚内方面へ





テント泊したい派と宿に泊まりたい派と
間をとって決まったのがライダースハウスというバイク乗りのためにある宿だ


一泊1000円・・今時!
での宿が有名らしく21時からのミーテングには必ず出席とのこと
オーナーさんの司会でミラーボールの光の中、自己紹介が始まる
昭和の場末のスナックな雰囲気が最北の地を感じる
そして最後に肩を組んで・・と
そして降りてきたのは松山千春「大空と大地の中で」の歌詞
みんなで合唱です 不良なチョッパー乗りが松山千春の歌という・・あはは
そこで耳にした7人もの人が明日礼文島の桃岩荘を目指すとのこと????なにそれ

日本の3バカYH ユースホステル??最近聞かない名前だな
色々と安い宿がたくさんあるなか、今時規制のうるさいユースとか泊まらなくなってきた
大ちゃん早速「面白そうだからいってみましょうよ・・」って
そっかいってみよう と初礼文島

続きはまた次回

2017-07-29

「非日常の空間〜UNION HOUSE〜」

さて、前々回に続き今回もデイトナのメンバーが、、、
今回は僕らの憩いの場でもあるUNION HOUSEで開催された社内企画について
書いてくれたので読んでみてください

**********************

初めまして!
昨年11月よりEC事業部で働かせて頂いております
新卒4年目の角田と申します。

先日訪れたUNION HOUSE・・・・
「非日常を味わい、さらに心豊かになってほしい」という
鹿島社長の想いの元、デイトナの社員が自由に使うことのできる秘密基地。
についてお話しさせて頂きます!

今回は、まだUNION HOUSE足を踏み入れたことのない
本部社員含め総勢8名で行って参りました。

まずは!UNION HOUSEができた経緯について触れさせてください。
2014年、当時新卒2年目のメンバーと鹿島社長で作り上げた研修施設。
右も左も分からぬ先輩達が、自分たちだけで一から製作図を考え、
材料を買い出し、切り出し施工する。
「出来るか出来ないかよりも、まずはやってみること。そこから何を学びとるのが大事」

そこから半年間と魂をこめて完成したUNION HOUSEはその名の通り、
仲間が集い、絆を深める場所として、新卒研修から社員イベントまでデイトナの社員が団結する大切する空間として存在しています。

そして、そのUNION HOUSEは富士の麓の豊かな自然の中に姿を現します。


ん〜〜〜!まずは何よりも、あまりにも美味しく澄んだ空気と自然に
普段の東京とは違う非日常を感じた角田です。

そして、UNION HOUSEのあちらこちらには
先輩達が心を込めて作ったこだわりのポイントがたくさん詰まっていました。
一際目を引くのはLIFEのフレーズを載せた山小屋、





扉を開けてみると、映画のセットの中にいるような光景があり
一つ一つの置物のセレクトやレイアウトにもこだわっていて
見ているだけでワクワクした気持ちになりました。

また、中庭の中心に立つ大きな木をみると、


現地から全国にあるフリークスストアの各店舗までの距離を示した手作りの看板があります。
私が以前働いていた、川崎店・福岡店・吹田店も発見!
(新店の熊本店はComing Soonです!)

こちらは、一つ一つのレンガを重ねて作ったピザ窯です。



当時制作メンバーだった河内さんから熱いお話を聞いている様子。

初日の到着は夜だったのですが、
お酒を交え当時のお話など夜遅くまで語り合いました。


今回は、様々な部署から人が詰まったので
お互いに初めてコミュニケーションを取る方も多く、
他部署だからこそ話せる仕事の話やプライベートの話まで
熱く語り合い真夜中まで交流会は続く、、


翌朝は青空と澄んだ空気の中、
外のテーブルでモーニング。


シンプルなメニューでも、
こだわりのマグカップに淹れたコーヒーと楽しい自然さえあれば
「格別な朝ごはん」です。


ちょっとした工夫が心を豊かにする、
いつもの忙しい朝にはないとても有意義な時間に感じました。

朝食後は、グループに分かれて
薪割りや芝生の種まきなど体験させていただきました。





その後、河口湖でカヌーをする予定でしたが
生憎のスコールにより中止になってしまいました。。残念。

普段、会社では会話を交わす機会の少ない社員同士が
UNION HOUSEで共に同じ時間を共に過ごすことで
自然と一体感や絆が生まれた気がします。

デイトナは、
「仕事」も「遊び」も熱狂的に本気で取り組む社員がたくさんいます。
普段のライフスタイルや人との繋がりを大切にしているからこそ、
モノやコトの価値観が広がり、新しいアイディアを生み出し仕事に生かすことができます。
それは社会人としてだけではなく、「人」として豊かに成長していける環境があるからだと私は信じています。

私自身、現在入社して4年目となりますが
今までの3年間は営業部として、
福岡や大阪などの地方店のオープンに携らせていただきました。
その3年間を自分の見知らぬ土地に住み、地元出身のスタッフを統率し
お店を軌道に載せるということは、すごく難易度の高い事でした。

しかし、振り返って見ると
そこで出会った人との繋がりや自分の苦労や成功の経験は今の自分の仕事に繋がっていると信じています。

現在、私はEC事業部でレディースのスタイリングを任されています。
ECでは店舗と違って直接お客様にお話をして接客することはできません。
その代わりに、ECにおいては画像やスタイリングが非常に重要です。

インターネットを利用することで、
お近くに店舗が無いお客様にも、フリークスストアのお洋服をお見せすることができるのです。
私は店舗にいた頃から、お客様の好みに沿ったスタイリングの提案や、ワクワクするような売場作りをすることが凄く好きでした。
今はその「好き」が仕事となり、今までよりもより多くのお客様に喜んでいただけるよう日々努力をしています。

仕事は全力で!
でも、また非日常の空間を味わいたい時はまた私たちの秘密基地「UNION HOUSE」へ訪れたいと思います。

EC 事業部 角田

--------------------------------------------------------------

The Union House is a place where our company, Daytona International, owns for the workers as a hideaway.
It is usually used for employee training and events. Also, we can spend time and refresh for vacation and so on.
It was built in 2014 as a project for the training for new employees.
From the beginning, the members had no clues or any ideas how and what to build or make at all. Therefore, what they had to do was to think, collect information, plan and take an action all by themselves. Their six months of hard work made them experienced struggles and hardships to achieve their goals. In this project, learning from challenges and failures made through the process was the most important task of all.
Since then, the Union House has been playing a big role in giving us opportunities to deepen the bonds between the workers and to share special moments at any events today. Not only that, but also we appreciate the beautiful nature that makes us forget our daily life and refresh our minds as it is located at the foot of Mt Fuji with a full of nature.
Instead of working hard in office, playing hard in wild nature can sometimes give us new ideas and perspectives. To value one’s lifestyle and connections with a variety of people make our work more creative. As you see, Daytona provides the environments that the employees can live enthusiastically both in work and private lives.
  I believe those opportunities we’ve given actually help us realize that there is no limits of possibilities and ideas in creating every single job.
Thanks to our favorite hideaway, we are working creatively in office today!

LIFE TO BE FREAK!

2017-07-26

AMEFES

熱い男達を観に富士スピードウェイへ
毎年恒例のアメフェス…





二輪のドラッグレースのスタッフにグローブのサポートをしています メカニクスグローブはサーキットに映えるわ


今年はこのイベントの25周年とのこと 何事も続けていくことは大きい力だとつくづく思う
おバカなパレード 先頭でノーヘルは主催者のイクラさん(^^)笑

video

おバカなドラッグレース…速い車は8秒台






やはり、男はカワサキZ



今も昔も変わりません


ステージにはなかの綾、ブラザーコン、シャネルズ佐藤、そして横山剣…そしてもちろんイクラさん
やり続けてきた男の横顔はカッコいいわ



ラストはシャネルズ メ組の女




最高だわ また来年(^^)そしてこれからも俺はバカでい続けたい

2017-07-22

デイトナサーフガレージ

今回は新設したF LABOの新星 河内くんが主催したサーフ企画について、
本人が書いてくれたのでぜひ読んでやってください

**********************

初めまして!
3月よりF LABOという新しい部署で働かせて頂いております、河内と申します。
先日開催しました毎年恒例デイトナサーフ企画について書かせて頂きます。

店舗や本社の方々ミックス総勢24名で千葉県一宮の海沿いにあるデイトナサーフガレージに行って参りました!

デイトナ社員誰でも自由に使い、自分の人生を豊かにして欲しい
そして自分が経験した楽しさ、嬉しさ、ドキドキワクワクを、自分の仕事を通じて世界に発信していこうじゃないか!
という想いの基、会社が用意してくれた僕たちの基地でございます。

デイトナに入ればあなたも使えます!!!

早速ですが、朝からサーフレッスン!



SURF SHOP【ONE WORLD】の方々にインストラクターをして頂きました。

個性溢れる方々で、腕前はさることながらサーフィンへの情熱は計り知れません。

個人レッスンから大人数のレッスンまでやって頂けるので、サーフィンを始めたい方、またはサーフィンがもっとうまくなりたい方、ぜひお問い合わせを!!

昨日は13人ほぼ初心者でしたが、全員立つところまでは出来ていました!感謝です。






レッスンが終わった後はみんなでガレージを使いながらのBBQ!


焼いて飲んで食べてと、良い感じに騒ぎました!

なかなか喋る機会の少ない他店の方や本社の方とのコミュニケーションも生まれ、楽しみながらも自分の仕事を見つめ直したり、本社の仕事を聞いたり、逆にお店での話を聞かせてもらったりと、楽しみながらも非常に有意義な時間を過ごせました。

BBQも終わり夕方、皆でビーチに行き、柏ステーションモール店店長鈴木さんによるヨガ教室。


綺麗な夕焼けの中、波の音を聴き、風を感じ、呼吸を整える。

一日使って海で感じる【静】と【動】

素晴らしく豊かな一日だったなとつくづく感じながら、ヨガを終え
今、日本で一番熱い家【フリークスハウス】へみんなで向かいました。

THE FUN LIFEのポリシーを節々から感じる家に全員感動。

『こんな家に住みたいなー』と全員思っていたに違いない
自然とみんなL字デッキのある中庭に集まり、コミュニケーションと笑顔が溢れていました。


会社で起こっていることを全員で感じ、全員で発信していく
会社の規模が大きくなっても僕はこのスタイルを貫いていきたいと感じています。

最後になりますが、インストラクターのONE WORLD代表の濱野さんが
『今の若い子は、自分たちがガキの頃にしてた最高に楽しいことや遊びを知らないことが多い』
と、おっしゃっていました。

今ほど便利なものは少なく、遊ぶものも場所も限られている中で
自分たちで、楽しむために何かを作ったり、仲間とどこかに行ったり、
自然と最大限に向き合ったりしていたそうです。

楽しいことを探すより
楽しむために頭を動かすことで
一見価値の無いものに、ものすごい価値が生まれるのではないかと思いました。

そんな【楽しむ能力】が自分の人生を豊かにするのではないのでしょうか。

来月もまたみんなで行く予定です!最高に楽しみです。

長い文章になってしまいましたが、読んで頂きありがとうございました!

それでは皆様
ハッピーライフ!!!!

F LABO
河内

2017-07-16

ペルートリップ2

いよいよチチカカ湖の島 TAQUIRE島へ
ハンドメイドの織物
海のように大きく、朝の標高4000mの湖面は神秘的でした
それからニッターと会いにACORAに到着
遅れての到着にも嫌な顔もせずに撮影とかに協力してくれました
ここは、糸のよりからハンドメイドなので、一枚作るのに、二週間かかるらしい
ロケーション、太陽、人、光と全てが調和できたと感じる一枚
本当に美しいところ…プーノ
帰国後に一つの形にして見たいと画作中 お楽しみに 深夜便でリマに戻ります






最終日、リマのマーケットで、思いがけずショップや自分の空間で使いたい物やアイデアが満載




そしてホムフチャベス空港から深夜12時のフライトの予定がなんとマイアミの悪天候で4時間ディレイ
予定通り帰れるのか⁇
とりあえず空港で5時間のウエィティング
海外での仕事にはつきもの…



良い仕事はできたし、ノンビリと27時間くらいかけて帰ります(^^)グラシオス&アディオス PERU(^^)
で終わろうかとらおもったら、さっきまでビール飲みながら最後の食事を現地会社の社長たちとしていて、お見送りいただいたのに、
社員2人が急遽コーヒー片手に今回の仕事の整理とこれからの方向を打ち合わせし始めた
仕入れの確認はきちんとできたのに、あまりの感動に…これを仕事として更に進化させることはできないものかと…と


僕がつぶやく…やれよ…若いうちに大きく燃えて、失敗することが成長だ
一緒にお願いします…とのお願いに
任せた…責任はとるからフルスイングでやれ(^^)と僕 きっと彼らはやりますよ 応援するよ


とにかく今回の旅は精神的に海外とのビジネスはどんなことを目的にしていくのか
再度考えるとともに、僕たちの存在そのものが相手の国の役にたっているとの実感
やってきて本当に良かった…

アメリカ DALLASでの乗り換え
アメリカの空港はとてつもなく大きくて近代的だった



ふっと降り立つ時に経済や、文化の違いを強く感じた

服屋を一生懸命やって蚊きたつもりだし、その通りなんだが、今回の出張は取引先について改めて考える旅となった

私たちが国内外で物を作り仕入れる
それがそこで働く人たちの生活を支える
単純なことだけどそういう事
会社の理念、ビジョンである 熱狂的に生きて世界中を幸せにする…
当然、取引先であり、そこで働く人にま笑顔で幸せになって欲しい

フェアトレードではないが、ロスのアポリスとの仕事のように、産地から消費者まで平等でなければいけないという思想を改めて感じた、現場だった

私たちだけの利潤ではなく、携わっている人達それぞれがそれを得る、得ているとしたら
ビジネスそのものはすごい存在価値がある
この価値を広げていくことが、豊かさになるとの確信が改めて生まれたこと
これが今回の収穫だった

ありがとう グラシアス

合わせてイギリスのニックの取材が、英語表記でリリースされたこともこのタイミングをより強くした